PR

結婚に向き、不向きはあるのか。

私は結婚には向いていない。だから結婚に前向きになれない、そう感じる方は多いようですね。

結婚に向く向かないがあるという意見も間違っていないのですが

それよりもお互いに無理しなくても合わせられるお相手と知り合えたらやっぱり結婚を選ぶのではないでしょうか。

育った環境も経歴も違うふたりが結婚するとなれば多少の摩擦が起きるのは致し方ないこと、そこを許容することでもっとラクに生きられる、もっと生きやすくなる、と思うのです。

ひとりで生きていると思っていたとしても自分を生み出してくれた親がどこかにいて

自分を思いやってくれた人や今、職場でお顔を合わせる人がいて、行きつけのカフェや居酒屋のオーナーや、自分を慕ってくれる友人がいて、

自分は思っている以上に多くの人とのかかわりの中で生きていてそんな中で一切の摩擦やボタンの掛け違いも起きないことは恐らく考えにくいと思いませんか?

自分自身のもう一つの居場所を見つける、向く向かないではなく、安心して帰れる、

ホッとできるスペースを作っていこうとすることはきっと長い人生のなかのどちらかといえば

面白いほうの出来事なのではないかと思うのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました