PR

結婚をうるさく詮索されたときの対処法

最近は少なくなったかもしれないし、コロナ禍で飲み会という交流も少なかったし、大体、他人にかまっていられない状況に置かれることも増えたかもしれませんね。

しかし、田舎はとくにひとりやふたりはいる、「世話好き」「おせっかい」なおじさんやおばさんに良い気分がしない、と感じているアラサー付近の独身は多いようです。

聞かれたくない、いい人がいればとっくにしている、そもそも興味がわかない、

いろいろと面倒なことにはなりたくし、どうしよう、、、と悩む必要はありません。

こういった方々はこれといった答えを求めているわけでも、心底心配しているわけでもなく、もはや「暑いですね」と同じようなレベルで他人の恋愛事情を聞こうとしてきているのです。

あいさつ代わりみたいなものなので自信を持って受け流しましょう。

「募集中です。よろしく!」などと明るく笑い飛ばしてしまいましょう。

要するに暇なのです。いつの時代も恋愛結婚、男女の人間関係には興味関心が尽きないものです。どんなコミュニティにいてもここは同じ。人類共通のテーマなのであなたの周りが特別なのではありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました